システムオールグリーン

二次創作をメインにコツコツやっていくつもりです。 なのでそういうのが苦手な方はドロップタンクと外部兵装をすべて投下し、エンジン出力全開アフターバーナーをオン、にして逃げてくださいw

第3回AOH-1を考える。


久しぶりに更新する気がしますww

毎度のことながら私の記事が正しいとは限りません。まぁ暇つぶしとお考えください。

間違っている箇所がありましたら修正しますのでやさしくお願いします。

いつもに増して読みにくくなっております。そのうち読みやすく修正すると思いますがご了承ください。
それでは興味のある方、続きよりどうぞ



・第3回AOH-1を考える。~積載武装編その2 機関砲~
世界初の攻撃ヘリAH-1Gが登場して以来、攻撃ヘリにおいて標準の固定兵装として君臨してきた機関砲(固定兵装として搭載していない機種もあるが)、今回はこの機関砲について考えてみる。

・そもそも機関砲の利点とはなんだろうか?
機関砲は最も信頼性の高い兵器の一つで、弾丸はミサイルやロケット弾よりもずっと安く、ばらまくように使うことも可能。
といったところだろう。

ここで毎度おなじみの機体+1機種に登場してもらいましょう。

AH-64D:M230 30mmチェーンガン
AH-1Z:M197 20ミリ3銃身回転式機関砲(20ミリ3砲身ガドリング砲)
RAH-66:XM301 3銃身20mm回転式機関砲

また置き換え対象のAH-1Sは
AH-1Z同様、M197 20ミリ3砲身回転式機関砲である。

またAH-1S以降のAH-1はM197 20mm3銃身回転式機関砲の代わりにAH-64と同じ機関砲である、M230 30mmチェーンガンが搭載可能である。


ではAOH-1にはどのような武装が考えられるのか、いくつかあげてみよう。
カッコ内は同種の兵装を備える機体
・20ミリ回転式機関砲
・20ミリ機関砲
・30ミリチェーンガン
・12.7ミリ M2重機関砲
・各種ガンポッド

上から順に利点をあげてみよう

・20ミリ回転式機関砲:M197であればAH-1Sと弾薬、部品の共通化が図れる。M197でなくとも同じ弾薬を使用するのであれば弾薬の共通化が図れる。

・20ミリ機関砲:M197と同じ弾薬を使用するものであればAH-1Sと弾薬の共通化が図れる。回転式機関砲より反動が少なく、軽量

・30ミリチェーンガン:M230であればAH-64Dと弾薬、部品の共通化が図れる。20ミリより高威力、長射程。M230以外でもM230と同じ弾薬が使用できれば弾薬の共通化が図れる。

・12.7ミリ M2:軽量、比較的高威力、

・ガンポッド:不必要な場合は取り外せる。状況に合わせた口径の選択が可能。


デメリットをみてみよう
・口径が20ミリ以下の機関砲では威力、射程面で不足する可能性がある。

・20ミリ回転式機関砲、30ミリ機関砲では反動の面で問題がある。20ミリ機関砲はなんとも言えないが・・・

・12.7ミリ以下ではソフトスキン以外に対しては威力不足である。

・ガンポッドではガンを搭載すると他の武装の積載量が減る。命中精度は固定式のガンに比べると低く、ターレットに搭載されたガンと比べると首振りをすることができないためガンだけを向けて射撃するなどという使い方ができない。

結論
正直なところ非常に結論を出しにくい。いっそのことオミットしてしまうことも考えられるが『OH-1(B)を考える』のネタがなくなると困るのでオミットして必要に応じてガンポッドとするのは無しで・・・

『ガンターレットに搭載された20ミリ回転式機関砲ないし30ミリチェーンガンが望ましい。ただし反動などの対策が難しい場合は単装の20ミリ機関砲でもかまわない。』


スポンサーサイト

テーマ:陸自AH-X - ジャンル:政治・経済

軍事 AOH-1 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<まさかの・・・ | HOME | 帰ってきたんだっぜww>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |