システムオールグリーン

二次創作をメインにコツコツやっていくつもりです。 なのでそういうのが苦手な方はドロップタンクと外部兵装をすべて投下し、エンジン出力全開アフターバーナーをオン、にして逃げてくださいw

第1回OH-1(B)を考える。

まず・・・
昨日じゅうにハルキョンSSをUPできませんでした。
なるべく早くUPしますのでお許しください

さて、今回はもうひとつのOH-1武装化案、OH-1(B)を考えてみます。

毎度のことながら暇つぶしの読み物程度の認識でお願いします。

では興味のある方、続きよりどうぞ
(2010/01/28更新しました。)
第1回OH-1(B)を考える。~OH-1(B)の概要~

まずはじめに・・・
OH-1(B)とは
川崎重工製の観測ヘリコプター OH-1に対戦車ミサイル及びロケットランチャーの運用能力を付与した観測/軽攻撃ヘリのことである。
AH-XとしてOH-1を最小改良で導入する場合に考えられるものである。
なおOH-1(B)は現在のところ実機はなく、また公式発表があったわけではない。
OH-1
↑ベースとなるOH-1の画像。(画像の無断利用はお断りしております。透かしが無く、縮小していない高画質版が欲しい方、必要な方はご連絡ください。)

ではまずOH-1(B)の概要である。

・TS1-M-10エンジンのパワーアップ型であるXTS2エンジン(2010年1月28日追記)(1300shp)を2基搭載
・XATM-6およびATM-5ATM-4(MPMS)が運用可能
・ハイドラ70の運用が可能
・SAM-2(改)またはAAM-5の運用が可能
・照準装置の搭載(索敵サイトに組み込み?)
(・ガンポッドの運用が可能)

次に運用方法だが
ATM-5ATM-4およびXATM-6の長射程を生かしての攻撃。一瞬だけ姿を見せてロケット弾を浴びせる。近接戦闘はほとんど行わない。
文字色
以上で概要は終わりである。
なお、本機はOH-1の1バージョンとして考える。

今後の予定は次の通りである。
『第2回OH-1(B)を考える。』では対戦車ミサイルについて
第3回では空対空ミサイル
第4回ではエンジン
第5回では索敵、照準装置
第6回ではガン
第7回ではまとめ

と全7回の予定である。


今回登場した略語
・shp:shaft horse power:軸馬力
・XATM-6:新中距離多目的誘導弾
ATM-6ATM-4:96式多目的誘導弾システム
・MPMS:96式多目的誘導弾システム
・SAM-2(改):91式携帯地対空誘導弾(改)
AAM-4AAM-5:04式空対空誘導弾

スポンサーサイト

テーマ:陸自AH-X - ジャンル:政治・経済

軍事 OH-1(B) | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<豚インフルエンザが・・・あとCOMIC1 | HOME | まさかの・・・>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |