システムオールグリーン

二次創作をメインにコツコツやっていくつもりです。 なのでそういうのが苦手な方はドロップタンクと外部兵装をすべて投下し、エンジン出力全開アフターバーナーをオン、にして逃げてくださいw

第3回OH-1(B)を考える。

生存報告を兼ねてOH-1(B)を考えるです。

テストが近くて困りますw
ハルキョンが進みませんww

とまぁ興味がある方続きよりどうぞ

第3回OH-1(B)を考える。 ~空対空ミサイル編~
今回は空対空ミサイルについて考えてみる。

ヘリに搭載される空対空ミサイルの主な役割は敵航空戦力に対する自衛であろう。
また、それ以外にも
・対ヘリ、対軽航空機(COIN機など)戦闘
もある程度考慮されているものと思われる。

では具体的にどのようなものが考えられるだろうか?

・SAM-2
・SAM-2(改)
・AAM-5

だろう。
それぞれを詳しく見てみることにする。

・SAM-2:正式名称『91式携帯地対空誘導弾』。誘導方式はTV+IR誘導。防衛庁技術研究本部(現・防衛省技術研究本部)によりFIM-92 スティンガーの後継として開発された。可視光線によるTV誘導により優れたIRCCM、ECCM能力を発揮するが夜間はTV誘導の使用に制限があるため事実上のIR誘導となり命中精度やIRCCM能力が低下する。飛翔速度を除けばほとんどの面でFIM-92以上の性能を持つ。ちなみに製造は東芝である。

・SAM-2(改):正式名称91式携帯地対空誘導弾(改)。誘導方式はIIR誘導。従来のSAM-2のTV誘導では夜間の交戦性能が低下するため、夜間でも使用可能なIIR誘導に変更。夜間でも昼間と変わらない性能を発揮できるようになった。またライフサイクルコストの低減も行われた。なお、世界で初めてIIR誘導を携帯SAMに導入したのはこのミサイルである。

・AAM-5:正式名称04式空対空誘導弾。誘導方式はフォーカルプレーンアレイ方式の赤外線シーカー(=IIRシーカー)による赤外線画像誘導。推力偏向などによる極めて優れた機動性能を持ち、従来のLOBLのみならずLOALにも対応。オフボアサイト能力も持つ。AIM-9XやAIM-132 ASRAAM、IRIS-Tなどと同世代。AAM-3(90式空対空誘導弾)の後継。形状はIRIS-Tとそっくり。(これは開発担当官が認めている。しかしコピーやパクリ、ライセンス生産ではないので注意。)


SAM-2改はすでに調達が開始されているようなのでSAM-2の運用が可能であればSAM-2改も可能だろう。
AAM-5はAH-1ZがAIM-9の運用が可能であることやSAM-2以上の能力を持たせることを考えた場合に一つの候補になるだろう。

海外製では
FIM-92 スティンガーやAIM-9となるだろうが
FIM-92は赤外線誘導であるためIRCCM能力が低くく、FIM-92よりIRCCMなどの面で優れている、SAM-2が原型のOH-1で運用可能であるのにわざわざFIM-92にするというのは疑問である。

AIM-9の場合はAIM-9XであればAAM-5と同等の性能であると思われるが自衛隊では導入していない。もしAIM-9Xを搭載するのであれば航空自衛隊でも運用しているAAM-5を使うべきだろう。AIM-9Lなら航空自衛隊で導入しているが、AIM-9Lの後継であるAAM-3(90式空対空誘導弾)がすでに導入されている。AAM-3はNEC製赤外線/紫外線2色シーカーによる高度なIRCCM能力とシーカーのジンバル機構を備える準オフボアサイト能力を持つミサイルであり、AIM-9Lを搭載するぐらいならAAM-3を搭載するだろう。

よって
結論としてはSAM-2、SAM-2改もしくはAAM-5となるだろう。ただし、AAM-5の搭載がなされる場合AAM-3、AIM-9Lの運用能力も付与される可能性もある。



略語専門用語解説
TV誘導:民生用のビデオカメラやデジタルカメラのように可視光線(人間の目でとらえられる光)をシーカーでとらえて誘導する方式。形状を認識して誘導する。

IR誘導:赤外線を捉えて誘導する方式。

IIR誘導:赤外線画像誘導。赤外線画像によって誘導する方式。TV誘導が可視光をとらえるのに対して赤外線をとらえる。そのため夜間でも昼間と変わらず使用ができる。形状を認識して誘導する。フレアーなどの赤外線妨害にも強いのが特徴。

IRCCM:対赤外線妨害能力

可視光:人の目で見ることのできる波長の電磁波のこと。

LOAL:発射後ロックオン、または空中ロックオンのこと。、LOALではミサイルに目標の大まかな予測位置を指示し発射、または発射すると最も効率の良い飛び方を自動的に行い、その間に司令電波により目標の予測位置を指示をおこない、シーカーの有効圏内にミサイルが入ってきたらそれをロックオンするといった具合である。これによりシーカーの有効圏外の目標も攻撃できるようになる。そのためLOAL対応のミサイルは中間の誘導段階で用いる司令誘導装置や慣性誘導(INS)装置、GPSを搭載している。
発射前に予測位置を指示するタイプは81式短距離地対空誘導弾(SAM-1)や90式艦対艦誘導弾(SSM-1B)、ハープーンなど、発射後に目標を指示するタイプはAAM-4(99式空対空誘導弾)やAAM-5(04式空対空誘導弾)、AIM-120 AMRAAM、AIM-9X サイドワインダー2000などである。
(SAM-1の場合は目標の予測位置だけでなくシーカーの向く方向の指示も行われる)

FIM-92スティンガー:言わずとしれた携帯SAM。某ゲームではハリアーとこいつで戦ったりする。全包囲攻撃対応のIR誘導である。レッドアイ携帯SAMの後継として開発された。

全包囲攻撃:目標の背後(=エンジンの排気口)などの特定の場所からでなくともロックオンが可能ということ。

AIM-9L:AIM-9サイドワインダーのなかでも全包囲攻撃が可能になったタイプ。とはいうものの前方からの攻撃能力は限定的である。LOBL専用である。

AIM-9X:サイドワインダーの最新鋭のタイプ。AIM-9X サイドワインダー2000。IR誘導からIIR誘導へと変更されたほか、推力偏向などによる優れた運動性能を持つほかLOALにも対応。従来の短距離ミサイルより長い射程と広いロックオンレンジを得た。オフボアサイト能力を持ち、ヘルメット内蔵照準装置にも対応している。

AAM-3:90式空対空誘導弾。AIM-9Lの後継として防衛庁技術研究本部(現・防衛省技術研究本部)で開発された短距離空対空誘導弾。NEC製の二色シーカー(赤外線+紫外線)を搭載。高いIRCCM能力を持つ。また、シーカーのジンバル機構を備えた準オフボアサイト能力もつ。ミサイルとしての能力はAIM-9Lよりも格段に優れたものであり、DACT(異機種間戦闘訓練)などを行う際に練度の高い部隊にはAIM-9Lを使用させ、練度の低い部隊にはAAM-3を使わせるほどだったという。

AIM-132 ASRAAM:イギリス製の最新鋭短距離空対空ミサイル。強力なシーカーの冷却機構に空気抵抗を極限まで減らしたボディを備え、短射程ミサイルとしては長大な射程を誇る。推力偏向機構により真後ろの目標も攻撃できるとされる。LOAL対応。オフボアサイト能力も持つ。ただし他国の同世代のミサイルと比べあまり優れたミサイルではないとする向きもある。

IRIS-T:ドイツ、イタリアなどで国際共同開発された短距離空対空ミサイル。形状はAAM-5とそっくりである。IIRシーカーとTVC(推力偏向機構)を備え、オフボアサイト能力を持つ。ヘルメット内蔵照準装置にも対応している。LOALにももちろん対応する。

オフボアサイト能力:機体正面以外の目標を攻撃できる能力。



スポンサーサイト

テーマ:陸自AH-X - ジャンル:政治・経済

軍事 OH-1(B) | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<リンク先追加 | HOME | 超絶的に短いですが・・・>>

この記事のコメント

このコメントは管理人のみ閲覧できます
2009-06-29 Mon 17:23 | | #[ 編集]
AAM-5ならば長射程、LOAL等で下手するとレーダーが貧弱だったF-16のAMRAAM初期運用型よりも長射程が得られるミサイルです
と言っても、やはり高額です。LOALに拘るならばパイロットにAAM用のHMD(ガナーはターレット式の機関砲で埋まる可能性が大。当然パイロットにもつくものではありますが)も付ける必要もあるでしょう(ヘリは戦闘機と違ってすぐに方向転換できるから大丈夫かな?)
しかし、AAM-5があれば対戦闘機戦闘も不可能では無いのでは。山岳地帯で待ち伏せ、突っ込んで来たらFOX2!即移動してまた待ち伏せ、と・・・これは短距離空中機動SAMか?
案外空自が出て来れない状況でもどうにかなりそうな予感が(オイ
2009-07-09 Thu 00:34 | URL | 蒼空の死神 #qNXjQhIg[ 編集]
拳銃のほうは詳しくないんでこちらに力入れますww
ガンオミット案ならガナー(ガンが無いのにw)はこちらに集中することができそうですね
ガンがあったとしても対空戦闘でガンはどれだけ使うんでしょうかね?地上からの脅威にを警戒も同時にというのであれば確かに完全に埋まってしまいそうです。

> AAM-5ならば長射程、LOAL等で下手するとレーダーが貧弱だったF-16のAMRAAM初期運用型よりも長射程が得られるミサイルです
運用には強力なECM支援が必要だったみたいですね。

>パイロットにAAM用のHMD
ヘリパイってすでにHMDつけてませんでしたっけ?まぁAAM対応かは別ですが・・・
それからLOALにはMIL-STD-1553Bデジタル・データバスも必要ですね・・・OH-1に搭載できるのかな?

>短距離空中機動SAM
究極の奇襲が出来ますねw
まぁ反撃を許したらやばそうですが・・・
あとはミスで書いたネタがベースですがAAM-4も搭載で異常な空対空能力を持つOH-1とか・・・

それにしてもOH-1は夢が広がりますなww
それだけ期待されているということもあるんでしょうが・・・
2009-07-11 Sat 23:13 | URL | 護衛艦あしがら #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |