システムオールグリーン

二次創作をメインにコツコツやっていくつもりです。 なのでそういうのが苦手な方はドロップタンクと外部兵装をすべて投下し、エンジン出力全開アフターバーナーをオン、にして逃げてくださいw

たまにはガスガンのお話・・・

たまにはこんな話題もいいかなとw
まず、断り書き
近年、ガスガンなどを違法改造したものを用いた犯罪などをよく耳にします。基準値以上のパワーが出るような改造を施したエアガン、ガスガン、電動ガンなどは準空気銃扱いとなり銃刀法違反となります。本ブログではそのような違法改造、およびガスガン、エアガン、電動ガンなどを用いた犯罪に断固抗議します。またそのような違法改造の方法を取り上げることは一切しません。

先日(とはいってもだいぶ前ですが)タナカワークス製の9㎜拳銃(旧型)をリサイクルショップで発見。手に入れたのですが・・・

興味のある方続きよりどうぞ

まずはじめにガスガンとは・・・
BB弾の発射に高圧ガスを用いるもので、外部ソースをもちいるタイプとリキッドチャージ式のものがあります。他の方式と比較すると比較的リアルな動きをするもの(ガスブローバック)も数多く出ています。

さて、次にメーカーの説明。
タナカワークス(以下タナカ)といえばペガサスシステムを搭載したガスリボルバー(リボルバーピストルタイプのガスガン)などで有名なメーカー。リアル志向。少し前にカシオペアシステムを搭載したガスリボルバーが実銃認定されてしまいニュースにも登場しました。(タナカにも悪い部分がありますがカシオペアシステムよりも先にクロスボウなどの所持を少し考えたほうがいいような気がしますが・・・カシオペアシステムの銃で撃てる実弾を作ってから射撃できることを確認したため実銃認定らしいですが・・・技術的に可能でもそんなことできる人ってどれだけの数いてどんな仕事をしてる人なんでしょうかね?とにかくまぁ難しい問題ですね。)


さてここからが本題。
写真を用意していないのであとでUPしますが・・・
9㎜拳銃とはシグサワーP220をミネベア工業でアレンジ、ライセンス生産している(していた?)自動拳銃(オートマチックピストル)です。
オリジナルのP220より角ばった印象になっています。

さてガスガンのほうは・・・
見た目は非常によろしい。すばらしい出来です。やはり他のサイト様でも言われているように実際の9㎜拳銃と比べてもすばらしい出来であることがわかります。
ただマガジンを抜いたときの異様な軽さはちょっと問題ですが・・・

次に実射性能
初めて使ったのが冬だったこともあり1,2発撃つとすぐ生ガスを噴いてしまっていました。
最初旧タイプによくあるガス漏れや中古なのでパッキンなどがだめになっているのかなどと思いましたがなんていうことは無く「冬だからガスが気化しにくくなっている」ということでした。(だって友達のマルイ製M92Fは比較的まともに動いてたんだもんw)
そのため春に使ったときは1度生ガスを噴いたぐらいでその後は信じられないほど快調に動作しました。
旧タイプはガス漏れが多いようですが私が購入した9㎜拳銃はガス漏れ知らずのようです。当たりだったのかガス漏れするのがはずれなのか・・・

他のガスガンにもいえますが冬はサンプロダクションのエコシューティングガスなど気化しやすいガスを使うといいでしょう。

ちなみに現在ですがトリガー(引き金)の部分のバネがかけてしまいトリガーを引くと元の位置にトリガーが戻ってきませんw
タナカに注文しなければならないようです。(取扱説明書によると200円+送料)

新タイプの9㎜拳銃がタナカより発売していますので9㎜拳銃がほしい方は探してみるといいでしょう。

インプレなのか何なのかよくわからない文章ですが最後まで読んでいただきありがとうございました。
次同じことをするとしたら89式小銃になるでしょう。9㎜機関拳銃がほしいのですがKSCのM11とすてんがん工廠の外装キットを買わないといけないしなぁ・・・高いし・・・
どこか9㎜機関拳銃を発売してくれませんかね?電動でもいいですしフルオートブローバックでもいいですから・・・(フルオートガスブローバックは反動が気持ちよさそうだがランニングコストなどを考えると電動のほうがいいような・・・いっそ両方のパワーソースでお願いしますw・・・いやマジで・・・)
スポンサーサイト
サバイバルゲーム | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<リンク先追加 | HOME | 生存報告!>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |