システムオールグリーン

二次創作をメインにコツコツやっていくつもりです。 なのでそういうのが苦手な方はドロップタンクと外部兵装をすべて投下し、エンジン出力全開アフターバーナーをオン、にして逃げてくださいw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

JSF氏のブログ「週刊オブイェクト」に援護射撃の予定だったはずのもの(暫定公開版)

F-2のレーダー「J/APG-1」についての暫定公開版です。
JSF氏のブログ「週間オブイェクト」でJ/APG-1についての記事「J/APG-1のレーダー視程について」「J/APG-1の視程について(修正)」を受けて書いていたものなのですが・・・

ほとんどが某軍事ジャーナリストに絡んだ内容でもあります。

F-2に興味がある人はご一読いただいて損は無いと思いますが間違いがどこかしらあると思います。
その点はご容赦ください。
間違いは修正しますのでやさしくお願いします。

09年09月13日記事内リンク追加。

・・・実はトラックバックがうまく送れていません・・・送り方が悪いのかなぁ・・・

それでは続きよりどうぞ
週刊オブイェクトに援護射撃・・・するはずが・・・

JSF氏が管理人をされている『週刊オブイェクト』にF-2のレーダーに関する記事を書かれていましたので援護射撃を行おうとしたのですが・・・
『やべぇ・・・使おうと思っていたソースがすでに使ってあるじゃないかww』
ということで援護射撃がちょいと難しくなってしまいまして・・・

そんなわけでJ/APG-1関連についてちょっと考察というかいろいろ調べてみました。

以下Missiles&Armsの掲示板『*英BAE は戦闘機ユーロファイターの生産ライセンス供与について三菱重工と交渉中* 』
あっさむ。氏のコメントより抜粋(私が解説というかわかりやすくするために追記した部分があります。その部分は黄色になっています。)

・APG-1は厳密には単体では成り立ち難い(というより、単体で使うと勿体ないくらいに使われない機能が出てきます)シロモノですから。

・F2の制御とはそれくらいに高度なものなのです。もし、タイフーン専用のAPG-1の改良(というか、機能をレーダー機能に絞った限定版)を行うとしたら、その手間は新規開発並みの面倒くささを伴いますから、現状進んでいるJ/APG-2(仮称)(=スマートRFセンサ)をもっとモジュール化することにより、不必要な機能を自動的に外すことが出来るようなリコンフィギュラブルシステムを前提とした軽機能サブセット版を開発した方が非常に効率的ですし前向きです。

・ATDXはF2のシステムを更に発展させることで機体制御及び火器制御を完全に統合化させる、言わば無人機の準備段階に近い半自立制御システムを目指しているため、現行考えられているJ/APG-2(仮称)ですら、タイフーンにはまともにフィッティングできません。

つまりは
・J/APG-1は単体で使うと非常にもったいない状態になる。これはJ/APG-1を含めた一つのシステムとして完成しているためである。

・スマートRFセンサ(多機能RFセンサ)はJ/APG-1の直系である。

・機能をレーダー機能に絞った限定版の製造を行うとしたら、その手間は新規開発並みの面倒くささを伴う。

・J/APG-1直系のスマートRFセンサですら従来機(ATDX以外?)にはまともに使えない。

ということである。よって清谷信〇氏のいうF-15Jのレーダー換装時にJ/APG-1にならなかったのはJ/APG-1が使えないレーダーだったからというのはさらに間違いであることになる。週刊オブイェクトに書かれているサイズやライセンス契約などの問題以外にもわざわざJ/APG-1のレーダー機能のみバージョンを製造したとなるとレーダーを新規開発するほどの面倒くささになる。(≒費用の増大)

もしF-15JにJ/APG-1を搭載するとなると
J/APG-1のアンテナ拡大。レーダー以外の機能をオミットする。
文字にすると簡単そうに見えるがこれがえらい大変なことだということが理解できないのだろうか?
そもそもJ/APG-1は最初からF-15Jに搭載しようなんて考えていなかったはずである。でなければレーダー機能以外をオミットできるようになっていたと考えるべきだろう。
F-15J用のアンテナだって開発されていただろう。

ここまではライセンス契約を一切無視して進めてきたが、週刊オブイェクトにもある通りF-15Jはライセンス生産しているものである。ライセンス生産では形状変更など契約以上のことはできない。AN/APG-63をAN/APG-63(v)1にするなどの変更なら問題はないがF-15用でもなんでもないJ/APG-1に変更するとなると契約違反となってしまう。(この辺の説明についてはもっと詳しい人に聞いてください。私ではこう言った説明が限界です・・・というかこの説明は間違っているかと・・・)

これでもF-15J/DJにJ/APG-1を搭載しなかったのはJ/APG-1がくそったれだからだと言うのだろうか?

さて、話をF-2擁護派に移そうと思う。
わたしもこのF-2擁護派である。今度擁護派のバナー、あわよくば『F-2擁護派リング』をつくろうと思うのだがどうだろう?協力者求む!


用語解説
・F-2:F-16をベースに三菱重工とロッキードマーチンで共同開発された支援戦闘機。対艦ミサイルであるASM-2を4発搭載できるなどきわめて高い対艦攻撃能力をもつ。もちろん空対空戦闘能力も高い。詳しくはMissiles&ArmsのF-2のページを見ていただきたい。

・J/APG-1:F-2に搭載されているアクティブフェースドアレイレーダー(AESA)。量産機に搭載されたのは世界初。ルックダウン時(自機より下方を索敵した場合)で35nm(=35海里)の距離を索敵可能とされる。大型の艦船では100nmとも言われている。

・多機能RFセンサ:スマートRFセンサとも。技術研究本部で開発中のAESA。従来のレーダーの機能に通信、ECM、ESMの機能が追加されている。走査方法は電子走査+デジタルビーム形成。

・ATD-X:文章内ではATDXとも表記している。「心神」の名でしられている先進技術実証機。

・nm:距離の単位。ノーチカルマイル、つまり海里のこと。海上や空中で使われる場合は1852メートル。

・AN/APG-63:F-15に搭載されているパルスドップラーレーダー。AN/APG-63(v)1まではプラナーアレイアンテナだったがAN/APG-63(v)2以降はAESAになった。
スポンサーサイト
軍事 | コメント:3 | トラックバック:0 |
<<コミケとリンク先追加と携帯について | HOME | リンク先追加>>

この記事のコメント

F-15のECMは米国がリリースしてないので国産しました。
F-4も各種改良がなされていますよ。
お説と通りなら上記のような改良はできませんが。

知ったかぶりするマニアほど滑稽な物はないですね。
2009-09-13 Sun 01:53 | URL | 拓殖久慶 #-[ 編集]
拓殖久慶さま
コメントありがとうございます。

> F-15のECMは米国がリリースしてないので国産しました。
はい、これは存じております。

> F-4も各種改良がなされていますよ。
もちろんこれも存じております。

しかし上記二つにつきましては今回の記事は国産レーダーとF-15J/DJについてのみですので、ECMやF-4に関しては考慮していません。
またまったくの想像なのですがそもそもF-15J/DJとF-4ではライセンス契約も違うんじゃないんでしょうか?
もしそうなればあまり今回のことと関係なくなってしまうような気もするのですが・・・

全体的にライセンス生産についてのあたりのご指摘と判断したのですが、括弧書きですが本文でも書いてあるとおり、勉強不足です。間違いがあることを前提で書いております。
それに伴うミスについて責められるのはしょうがないでしょう。

しかしこの記事で言いたいのは
「週間オブイェクトの記事に関連した追加情報」と「レーダー換装時にJ/APG-1にならなかったのはJ/APG-1が使えないレーダーだったからというのは間違いである」ということを言いたかったのです。
ライセンス生産のところは私自身知識不足で間違いがあることを承知でまたそのことを書いた上で書いています。 本当はここで「やたらめったらな改造はできない」ということを伝えたかったのですが・・・
書き方を改めたいと思います。

> 知ったかぶりするマニアほど滑稽な物はないですね。
これ関しまして、あなたがどれほどの知識や情報をお持ちか私にはわかりません。
私の知りえている情報よりずっと多いのかもしれません。
おそらく1学生である私の倍以上の知識や情報や経験をお持ちなのでしょう。
しかしどうして知ったかぶりになるのでしょうか?
知っているふりをどこでしているというのでしょうか?
間違いがあることも説明がほとんどできていないことも私自身明言しています。
「知ったかぶり」についてちょっと辞書で調べてみました。

広辞苑 第五版より引用
それほどよくは、または、まるで知らないのに、知っているようなふうを(得意になって)すること。「-してしゃべる」

続いて
明鏡国語辞典より引用
本当は知らないのに、さも知っているようなふりをすること。

となっています。
私の場合
知っているようなふりをしていないと判断します。
根拠は
始めのほうにある
「F-2に興味がある人はご一読いただいて損は無いと思いますが間違いがどこかしらあると思います。
その点はご容赦ください。
間違いは修正しますのでやさしくお願いします。」
の部分と
「この辺の説明についてはもっと詳しい人に聞いてください。私ではこう言った説明が限界です・・・というかこの説明は間違っているかと・・・」
の部分です。
ここで私は間違いがある可能性が高いこと、また下の文では説明ができない(=知識不足)ことを自ら言っています。
なのでここまで言われる筋合いはないのではないでしょうか?
2009-09-13 Sun 20:46 | URL | 護衛艦あしがら #-[ 編集]
あの~、本当に柘植先生ですか?
なんだか文章が柘植先生らしくないですね。
2009-09-14 Mon 23:33 | URL | 通りすがり #JalddpaA[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。