システムオールグリーン

二次創作をメインにコツコツやっていくつもりです。 なのでそういうのが苦手な方はドロップタンクと外部兵装をすべて投下し、エンジン出力全開アフターバーナーをオン、にして逃げてくださいw

F-4EJ改の後継はF-35になるようです。

はい、空自のF-Xについてです。
ミスや間違いがあると思いますがいつもどおりやさしくお願いします。
それでは
興味のある方のみ続きよりどうぞ


航空自衛隊のF-4EJ改ファントムⅡの後継の選定がなされてきましたがついにほぼ決まったようです。

F-22Aラプターが結局導入できなかったことによりかなりどっちつかずの状態が続きましたがここにきて・・・まぁ週刊オブイェクトでJSF氏もおっしゃっておりますがまさに泥縄式の選定でした。

まぁしょうがないんですが・・・

さて、おそらく導入されるのは空軍向けのCTOL型のF-35Aでしょう。
ただこちらも週刊オブイェクトのほうにもあるとおり

以下週刊オブイェクト「航空自衛隊の次期戦闘機はF-35ライトニングⅡ」より抜粋



F-35の納入は開発参加国が優先され、後から購入を表明した日本は後回しにされます。どんなに早くても2015年以降、2010年代後半或いは2020年以降にならないと実機を手にする事は出来ないでしょう。その間の10年近く、戦闘機の新規調達が出来なくなります。

抜粋ここまで



とありますようにF-35の導入するとしても日本に機体が来るまでの間かなりの空白が出来てしまいます。
しかも
こちらも週刊オブイェクトにありますとおり

以下抜粋


多国間共同開発という制約により、F-35はライセンス生産をさせて貰う事が事実上不可能で、完成機の購入が前提となります。部品の一部生産に参加する事は可能かもしれませんが、全ての部品から製造する事は認められないでしょう。開発に最初から携わっているイギリスですら自由にならないのに、後から参加する日本に有利な条件は与えられません。

抜粋終わり

つまりわが国の航空機、特に戦闘機開発に空白が出来てしまいます。
その間の技術維持は非常に難しくなります。
ATD-Xはあくまで先進技術実証機であって戦闘機ではありません。


そこでF-35Aと別のライセンス生産が可能な機体を導入しハイローミックスとする案があります。
それでF-35が日本に来るまでの空白と技術維持を図るという方法です。

私の個人的な意見ではありますが
F-35A F-2ハイローミックスがいいのではないかなと。
F-2に関しましては


以下Missiles&Arms F-2のページより抜粋

将来の構想として基本性能向上型、FS(支援戦闘)性能向上型等が計画され、F-4改の後継機としてのFI(邀撃)型も構想されていた
抜粋終わり


とありますとおりある程度の発展性もあり、またF-4の後継としてのFI型も構想されていましたからちょうどいいのではないかなと思います。ただ


以下Missiles&Arms F-2のページより抜粋

米国ロッキード社は本機の共同生産の早期終了を望み、そのため2007年度予算では多年度一括発注の要求を行っている。ロッキード社製造分の日本への移管が行われない場合、F-2の増産は困難であり、そのためF-2の生産は試作機4機を含めた計98機で終了することになる。抜粋終わり


とある。
つまりロッキードマーチンの製造分を譲渡してもらい、日本で製造ラインを再構築する必要がある。
これについては週刊オブイェクトでもJSF氏が指摘している。


以下週刊オブイェクトより抜粋

ロッキードに交渉して、F-2戦闘機のロッキード側の製造権を譲り渡して貰って、日本国内でF-2の製造ラインを再構築し、F-35配備までの空白期間をF-2追加調達の少量生産で埋めるという手立てもありますが、それをやるとその場合のF-2の調達単価は跳ね上がる事になります。
抜粋終わり


ただ上記でJSF氏の言うとおり価格が上がってしまう。それを許容できるのか出来ないのか。出来ないのなら代替案はあるのかというところです。
私としては代替としてならF-15SEあたりかなと思うのですが・・・

次回はF-35Aと武装についてを予定しています。
スポンサーサイト
軍事 F-X | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<やや、意外と難題だったかも・・・・ | HOME | また買ってしもうたw>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |