システムオールグリーン

二次創作をメインにコツコツやっていくつもりです。 なのでそういうのが苦手な方はドロップタンクと外部兵装をすべて投下し、エンジン出力全開アフターバーナーをオン、にして逃げてくださいw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

PAK FA初飛行!

最近軍事ネタが多いです。
XC-2につづきロシアの最新鋭戦闘機PAK FAの試作機が初飛行したようです。


28日に予定されていたロシア空軍の新型ステルス戦闘機「PAK FA」の初飛行は、一日遅れて29日の今日に行われました。ロシア語で"ПАК ФА"、Перспективный Авиационный Комплекс Фронтовой Авиации(戦術空軍向け将来航空複合体)と呼ばれるこの第五世代戦闘機開発計画は、これまで機体の詳しい姿が明らかになっていませんでした。これが世界初公開となります。
...
週刊オブイェクト:「ロシア新型ステルス戦闘機"PAK FA"初飛行に成功」http://obiekt.seesaa.net/article/139706714.html



空自のF-X選定に何らかの影響をおよぼすことは間違いないでしょう。
中国のJ-14もありますしね・・・

個人的にはF-22、F-2ハイローミックスないしF-22、F-15SEハイローミックスを望みます。
まぁF-15SEはライセンス生産できるとしたらですが・・・

F-22のライセンス生産ができるならそれに越したことはないですが正直絶望的でしょうし・・・
F-2ならまだ発展の余地もありますしね。FI型も計画されたこともありますし・・・
スポンサーサイト

軍事 | コメント:8 | トラックバック:0 |
<<久しぶりの更新w | HOME | C-X改めXC-2初飛行!!>>

この記事のコメント

どうも、お久しぶりです

>PAK-FA
美しい機体でしたね。流石ロシアです
Su-27とYF-23とYF-22を足して三で割ったような機体構成でしたねぇ
通常のAESAの他にAESAコンフォーマルレーダーを4基も搭載するそうで、ATD-Xは先を越されるやもしれません(試作機はレーダーを搭載しない)
ただ、RCSが共同開発国のインドの報道だと0.5㎡(ユーロファイターと一緒)だったり、ロシア版Wikiだと0.05㎡だったりしています

どちらの数値であっても、F-22(0.01~0.001㎡位)やF-35、中型の鳥以下昆虫以上(0.01㎡位?)のATD-Xには及ばないです

ウエポンベイはエンジンナセルの間に収納、合計8発くらいだそうです

個人的にはPAKFA(パクファと読むらしいです)の形状は好きですね

http://brrs.exblog.jp/12734777/

>F-2
AAM-4搭載改修であそこまで揉めていて、なんとか搭載出来たのですから結構厳しい物があると思いますよ

問題はセントラルコンピュータに色々統合しちゃった事ですね。作戦効率や整備効率は良くなったのですが、改良の度に一々適合試験をやらなければいかんので大変なんだとか

>F-15SE
あのボーイングの観測気球はちょっと・・・(苦笑)

まだ初飛行もしてませんし、エンジンブロッカー(F/A-18E/Fのを使用するそうですがF414とF110/F100とでは結構違いますから・・・)とかの適合試験もまだでしょうし、F-35よりも後発になるかもしれません

F-15の機体サイズでステルス形態でのAAM搭載量が4発ってのは結構致命的だと思います

そういえば、Su-30MKIのステルス強化バージョンもインドに提案中らしいですよ

なんでも、レーダーブロッカーの他、エンジンナセルの間にウェポンべイを備えるらしいです。東側のF-15SEって所でしょうかね
2010-01-30 Sat 00:07 | URL | 蒼空の死神 #qNXjQhIg[ 編集]
こちらこそお久しぶりです。
XC-2のときは記事で取り上げていただいた上にトラックバックまで・・・ありがとうございました。

> >PAK-FA
> 美しい機体でしたね。流石ロシアです
> Su-27とYF-23とYF-22を足して三で割ったような機体構成でしたねぇ
> 通常のAESAの他にAESAコンフォーマルレーダーを4基も搭載するそうで、ATD-Xは先を越されるやもしれません(試作機はレーダーを搭載しない)

ロシアのコンフォーマルレーダーはどこまで開発が進んでるんでしょうかね?
まだ試作にもはいっていないのかもうある程度試作も終わっているのか・・・

> ただ、RCSが共同開発国のインドの報道だと0.5㎡(ユーロファイターと一緒)だったり、ロシア版Wikiだと0.05㎡だったりしています
>
> どちらの数値であっても、F-22(0.01~0.001㎡位)やF-35、中型の鳥以下昆虫以上(0.01㎡位?)のATD-Xには及ばないです

なんとなく0.5っていくらなんでも・・・輸出型の数値なのか?

そういえば中国のJ-14はどの位を目指しているものでしたっけ?
しかしこうして見るとずいぶんとステルス性も上がりましたね~


> ウエポンベイはエンジンナセルの間に収納、合計8発くらいだそうです

F-22よりたくさん積めるんですね~結構大型のウエポンベイを搭載しているってっことでいいんですよね?きっと・・・

> >F-2
> AAM-4搭載改修であそこまで揉めていて、なんとか搭載出来たのですから結構厳しい物があると思いますよ

AAM-5はそこまでもめないで済みそうだという話を聞いたことがあります。
まぁ1553Bはありますし、LOBLのみでしたら搭載するだけですしw
まぁ実際のところHMD、ヘルメット内蔵照準装置の搭載で不安が残りますよね・・・
でもあれが無いと100%の能力を生かせませんし・・・

> 問題はセントラルコンピュータに色々統合しちゃった事ですね。作戦効率や整備効率は良くなったのですが、改良の度に一々適合試験をやらなければいかんので大変なんだとか

J/APG-1ひとつとってもかなりいろいろな機能が統合されてますからね~。ATD-Xはこれをより進化させたものになるようですがあれは実証機だからこそなのでしょうか?

> >F-15SE
> あのボーイングの観測気球はちょっと・・・(苦笑)
>
> まだ初飛行もしてませんし、エンジンブロッカー(F/A-18E/Fのを使用するそうですがF414とF110/F100とでは結構違いますから・・・)とかの適合試験もまだでしょうし、F-35よりも後発になるかもしれません
>
> F-15の機体サイズでステルス形態でのAAM搭載量が4発ってのは結構致命的だと思います

実際そうなんですよね・・・ただ技術維持と国産兵器搭載を考えると選択肢として浮上しちゃうんですよね・・・初飛行は通常の垂直尾翼でおこなうという噂をどこかで聞いたような・・・正直F-Xって本当に決まるんですかね?永遠に決まらない気さえしてきます・・・

取り外し式ウエポンベイが悪い!完全に内蔵・・・ってそれ別の機体になっちゃいますねw

> そういえば、Su-30MKIのステルス強化バージョンもインドに提案中らしいですよ
>
> なんでも、レーダーブロッカーの他、エンジンナセルの間にウェポンべイを備えるらしいです。東側のF-15SEって所でしょうかね

どこも考えることは一緒ってことでしょうかね?F-15J/DJのステルス材料適用の話といい・・・
2010-01-30 Sat 01:28 | URL | 護衛艦あしがら #-[ 編集]
いやはや、トラックバックは慣れてなかったもので2回も送信して面目ないです

パクファ君ですが、色々情報が集まってきました

武装は空対空ミサイルが11発。エンジンナセル間のウェポンベイに7発
此方はR-77が4発、新型の大型長距離用空対空ミサイルが3発
さらに、エンジンの前に空対空ミサイルを収めるウェポンベイがあり、2発ずつの計4発。R-77とR-73でした
レーダーはXバンドのAESA
コンフォーマルレーダー(機体表面に張り付けるレーダー、P-1も搭載)が主翼端・機尾テイルコーンにXバンドレーダー、主翼内縁部にLバンドレーダー、 AESA前面レーダーのすぐ後方の機首側面部と主翼前縁外翼部にKaバンドレーダー(機尾テイルコーンと主翼端にIRジャマー(対短距離空対空ミサイル用?)
機首部にIRSTとレーザー警戒装置
空虚重量17200kg、機内燃料は10200kg、最高速度は計画値でマッハ2.35、エンジン推力17000kgf×2
PAK-FAの想定運用寿命は40-50年間(480-600か月)、PAK-FAの空力特性は、F-22よりも「少し保守的」との事
http://bemil.chosun.com/nbrd/data/10040/upfile/201001/20100130090121.jpg

ノースボスチによれば
http://en.rian.ru/mlitary_news/20100129/157717728.html
・新型空対空ミサイル8か誘導爆弾2
を搭載可能
・2,000km/h以上の速度で巡航可能
・強力なベクタードスラストエンジン
・高いコストパフォーマンス
・赤外線放射抑制技術
・複合素材による低減
・兵器輸出における新しい重要品目になる

垂直尾翼が全遊動式、ストレーキ前縁は可動(制御翼面なのか、それともマッハ数の変化に応じて衝撃波位置を変えるためなのかどうかは不明)

印国防省関係者の談話によれば、

・間もなくFGFAの製造に関する協定がOAK(統合航空機製造会社)とHAL(ヒンダスタン航空機)の間で締結される
・製造数は、インドとロシア向けにそれぞれ250機
・開発費は80-100億ドル
・RCS(レーダー反射断面積)は0.5平方メートルでSu-30の約1/40
・重量は30-35トン
・レーダー、赤外線などのセンサー情報を共有可能

WikiだとRCSは0.05㎡だったりしますけど、マスコミで公開されている情報はこんぐらいですね
2010-01-30 Sat 23:23 | URL | 蒼空の死神 #qNXjQhIg[ 編集]
返事が遅れてしまい申し訳ありません。

> いやはや、トラックバックは慣れてなかったもので2回も送信して面目ないです
いえいえ、私もトラックバックには慣れないもので・・・そういえば蒼空の死神さんはJSF氏の週刊オブイェクトにトラックバック送れていますか?

> パクファ君ですが、色々情報が集まってきました
>
> 武装は空対空ミサイルが11発。エンジンナセル間のウェポンベイに7発
> 此方はR-77が4発、新型の大型長距離用空対空ミサイルが3発
> さらに、エンジンの前に空対空ミサイルを収めるウェポンベイがあり、2発ずつの計4発。R-77とR-73でした

またずいぶんとたくさんのミサイルを・・・新型の大型長距離用空対空ミサイルというのが気になりますね。Ks-172のことかな?それとも違うものなのか・・・ステルス機でしたらKs-172を従来機よりも有効に使えそうですし・・・ただKs-172の開発がどこまで進んでいるのか・・・

> レーダーはXバンドのAESA
C~Ku帯みたいにバンドを自在に変更できるというわけではないんですね・・・

> コンフォーマルレーダー(機体表面に張り付けるレーダー、P-1も搭載)が主翼端・機尾テイルコーンにXバンドレーダー、主翼内縁部にLバンドレーダー、 AESA前面レーダーのすぐ後方の機首側面部と主翼前縁外翼部にKaバンドレーダー(機尾テイルコーンと主翼端にIRジャマー(対短距離空対空ミサイル用?)
・・・またずいぶんと様々なレーダーを積みましたね・・・後方などの目標に対しても追尾、攻撃が可能ということなんでしょう。ただこれだけの情報をどのようにして搭乗員に伝えるのでしょうか?それなりの工夫がされているのでしょうが・・・

> 機首部にIRSTとレーザー警戒装置
やはりIRSTはつけてきましたね。これからは必須の装備の一つになるんでしょうなぁ・・・>>IRST
レーザー警戒装置は・・・セミアクティブレーザーホーミングやアクティブレーザーホーミングを気にしているのはわかりますが・・・どうも戦車についているイメージしかないんですよね・・・


> ・2,000km/h以上の速度で巡航可能
スーパークルーズ能力まで要求されてるんですね・・・

> ・強力なベクタードスラストエンジン
一体どのような物になるのでしょう?3次元?

> ・赤外線放射抑制技術
これもだんだん今よりももっと当たり前のものになるんでしょうなぁ・・・

> ・複合素材による低減
炭素系複合素材でも用いているんでしょうか?

> ・レーダー、赤外線などのセンサー情報を共有可能
データリンクについてはこれはPAK FA同士のみということなんでしょうか?
2010-02-05 Fri 22:54 | URL | 護衛艦あしがら #LkZag.iM[ 編集]
ひええ・・・
自動車学校に入校して入試が終わったので久々にコメントが出来る程度の時間を作って戻ってきたのですが・・・申し訳ありません

>そういえば蒼空の死神さんはJSF氏の週刊オブイェクトにトラックバック送れていますか?

一応此方の文章を参考に言及して送っているのですけど、弾かれちゃうみたいで・・・ハイ、送れてませんorz

>またずいぶんとたくさんのミサイルを・・・新型の大型長距離用空対空ミサイルというのが気になりますね。Ks-172のことかな?それとも違うものなのか・・・ステルス機でしたらKs-172を従来機よりも有効に使えそうですし・・・ただKs-172の開発がどこまで進んでいるのか・・・

う~ん見た感じそうではないですね<Ks-172

ただ、私が入手できた機体下面部の設計図と思わしき画像ですが(一応、ブログに纏めてはいます)

http://blog-imgs-35.fc2.com/4/2/5/4253blog/50_100.jpg

胴体中心線エンジンナセル間のウェポンベイには8発のR-77系列の装備を確認できます。短射程空対空ミサイルをどこに載せてるかは分かりません(R-77M-PDで十分という見解なのでしょうかね?)

>C~Ku帯みたいにバンドを自在に変更できるというわけではないんですね・・・

Xバンドはそれなりに便利ですからねぇ。各種バンドのコンフォーマルレーダーで補うのでしょう

>・・・またずいぶんと様々なレーダーを積みましたね・・・後方などの目標に対しても追尾、攻撃が可能ということなんでしょう。ただこれだけの情報をどのようにして搭乗員に伝えるのでしょうか?それなりの工夫がされているのでしょうが・・・

恐らく、イメージ的には管制用レーダーみたいに機体が画面中心にあって、発見した目標には高度や目標の進行方位、速度等のタグが付くんじゃないでしょうか?

>レーザー警戒装置
F-35のEOTSや地上・空中からの攻撃レーザーを意識しているのではないのでしょうか?F-35にはAL-1の技術を応用してレーザー攻撃兵器が後々搭載される計画もありますしね

>スーパークルーズ能力まで要求されてるんですね・・・

これは結構前から要求されていたようです。M1.7~1.8程度だそうです

>強力なベクタードスラストエンジン

AL-41は3次元推力偏向ノズルだそうです。ロシアはこれに拘りますねぇ(ステルス性を考慮すればF-22の推力偏向パドルの方がいい)

>赤外線放射抑制技術

これは既にF-22で実装済みです(エンジンダクトに秘密があって外気と混ぜ合わせるとか)し、これからは主流になっていくのでしょうね

>炭素系複合素材でも用いているんでしょうか?

試作機や情報を見る限りは何とも言えません

>データリンク

データリンクに関しては他の露機とも出来ると思いますよ。一応、戦闘機間データリンクを作り出したのはロシアですし・・・

http://blog-imgs-35.fc2.com/4/2/5/4253blog/pakfayf23f22f35copy.jpg
これを見れば分かりますが、F-22よりも幅広な感じがします。ステルス性は少なくともF-22に勝っているとは考えられませんね
2010-02-27 Sat 23:28 | URL | 蒼空の死神 #qNXjQhIg[ 編集]
> ひええ・・・
> 自動車学校に入校して入試が終わったので久々にコメントが出来る程度の時間を作って戻ってきたのですが・・・申し訳ありません
>
いえいえ、こちらこそ返答が遅れてしまい申し訳ありませんでした。
教習所に通われてらしたのですか。
入試は大学でしょうか?お疲れ様です。実は私も入試が終わって一段落したところだったりします。

>
> 一応此方の文章を参考に言及して送っているのですけど、弾かれちゃうみたいで・・・ハイ、送れてませんorz
>
もしかしてfc2からseesaaへはダメなんでしょうかね?機会があったら調べてみたいと思います。

> う~ん見た感じそうではないですね<Ks-172
>
> ただ、私が入手できた機体下面部の設計図と思わしき画像ですが(一応、ブログに纏めてはいます)
>
> http://blog-imgs-35.fc2.com/4/2/5/4253blog/50_100.jpg
>
> 胴体中心線エンジンナセル間のウェポンベイには8発のR-77系列の装備を確認できます。短射程空対空ミサイルをどこに載せてるかは分かりません(R-77M-PDで十分という見解なのでしょうかね?)

短射程を犠牲にするのかはたまた機外搭載なのか・・・ますますわからなくなりそうです。
とりあえずR-77の運用が可能と言うことですかね。
あまり関係が無いことではありますが側面図がどことなくSu-27に似ているような気も・・・


>
> 恐らく、イメージ的には管制用レーダーみたいに機体が画面中心にあって、発見した目標には高度や目標の進行方位、速度等のタグが付くんじゃないでしょうか?

うーん・・・それが一番簡単といえば簡単ですよね・・・そういえば今月の丸だったかに井上孝司氏がレーダーなどで得た情報を使える情報として表示するというのは難しいことと言うようなことを書いていらっしゃったような・・・後でちゃんと見直したいです。

> >レーザー警戒装置
> F-35のEOTSや地上・空中からの攻撃レーザーを意識しているのではないのでしょうか?F-35にはAL-1の技術を応用してレーザー攻撃兵器が後々搭載される計画もありますしね
F-35に搭載する計画てまだ残ってるんでしょうか?
確かに日本でもレーザー兵器を研究してますから考えられることですね
それに地対空ミサイルでもセミアクティブレーザー誘導のものもありますし・・・


> >赤外線放射抑制技術
>
> これは既にF-22で実装済みです(エンジンダクトに秘密があって外気と混ぜ合わせるとか)し、これからは主流になっていくのでしょうね

そういえばF-117でも排気を冷却するようになってましたよね?

> http://blog-imgs-35.fc2.com/4/2/5/4253blog/pakfayf23f22f35copy.jpg
> これを見れば分かりますが、F-22よりも幅広な感じがします。ステルス性は少なくともF-22に勝っているとは考えられませんね

かなり出っ張りが目立ちますね~確かにF-22などよりステルス性は悪そうですね~
それにしてもYF-23は変わった形してますね・・・
2010-03-07 Sun 21:09 | URL | 護衛艦あしがら #-[ 編集]
透視図入手
http://2.bp.blogspot.com/_7SvKgIpSQ6k/S28mJEY0URI/AAAAAAAAAc8/Uzpjbhm1T4c/s1600-h/Pak-FA__1400.jpg

F-22との比較
http://paralay.iboards.ru/download/file.php?style=12&id=9462

どうやら短距離ミサイルは主翼下のフェアリングに収めているようです

しかし、面白いですね。可動式のLEXや3次元ノズル、コンフォーマルレーダーに全遊動式の垂直尾翼と・・・

wktkが止まりません

そう言えば、私が週刊オブィエクトにURL付の名無しでコメントを投稿したのですが・・・

その日だけで私の方のブログが100pvを超えてビビりましたw

週刊オブィエクトとJSF氏パワー恐るべし・・・・
2010-03-12 Fri 20:40 | URL | 蒼空の死神 #qNXjQhIg[ 編集]
返答遅れて申し訳ありません。

> 透視図入手
> F-22との比較
貴重な画像ありがとうございます。
PAK FAはずいぶんと薄く横に広く感じますねー

> どうやら短距離ミサイルは主翼下のフェアリングに収めているようです
透視図の方で確認させていただきました。
主翼下のフェアリングに側方監視用のレーダーが入っているなんて説もあったようですが
普通に短距離ミサイル用だったんですね。
何故かよくわかりませんが少しほっとしましたw

> しかし、面白いですね。可動式のLEXや3次元ノズル、コンフォーマルレーダーに全遊動式の垂直尾翼と・・・
>
> wktkが止まりません

たしかにすごく興味をそそられますね~
今年はXC-2の初飛行に始まりPAK FAが初飛行しAn-225が来日したりと航空機の当たり年なんですかね?
2011年にはATD-Xの初飛行も控えてますし・・・

> そう言えば、私が週刊オブィエクトにURL付の名無しでコメントを投稿したのですが・・・
>
> その日だけで私の方のブログが100pvを超えてビビりましたw
>
> 週刊オブィエクトとJSF氏パワー恐るべし・・・・

私もXC-2のときに「護衛艦あしがら」でURL付きコメントをしたときもかなりのpvがありました。
それからkeenedge氏のブログ「keenedgeの湯治場」にトラックバックをさせていただいた時もかなりのpvがあったように思います。

keenedge氏やJSF氏のようになってみたいものです。
2010-03-20 Sat 01:48 | URL | 護衛艦あしがら #-[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。