システムオールグリーン

二次創作をメインにコツコツやっていくつもりです。 なのでそういうのが苦手な方はドロップタンクと外部兵装をすべて投下し、エンジン出力全開アフターバーナーをオン、にして逃げてくださいw

VAIO RZ51改を作りました。

今年の4月頃にVAIO MXS1改を予備役に移行し、メインPCとしてVAIO RZ51改をつくりましたのでその報告です。
まずなぜMXS1を予備役に回したかというとですが、MXS1がWindowsXPHomeEditionを採用していましたが、XPの延長サポート期間はそろそろ終了してしまいます。
そのため次期PCはWindows7ないしWindows8ということになってきます。
どうせなら64bitにしようとなった時に問題が起きまして。

VAIO MXSシリーズにはSony Digital Audio Systemというオーディオシステムが搭載されており、内部的にはUSBで接続されています。そのため、電源供給さえ何とかなればマザーボードを交換しても搭載することは可能です。
しかしこれを利用するためには当然ながらデバイスドライバが必要になります。しかし、このデバイスドライバは32bit向けしか存在せず、一部書き換えを行っても完全にはインストール出来ない様なのです。
これの実現にはデバイスドライバを64bit向けに改造するなどの非常に手間がかかるわけです。
ですので今回は64bitOSへの移行とメインPCのスペック向上のために予備役に移行してもらいました。


結局現在のスペックですが…
・マザーボード:ASUS P8Z68-M Pro
・CPU:Intel Core i7 2600
・グラフィックスボード:RH6950-E1GHW/DP(AMD Radeon HD6950)
・メモリ:A-DATA AX3U1600GC4G9-2G ×2(4GB DDR3 1600×4)
・HDD:HGST HDS5C3020ALA632 2TB
・電源:玄人志向 KRPW-P750W/85+
・サウンドユニット:Creative Sound Blaster Digital Music Premium HD

といったところです。
スポンサーサイト
VAIO改造 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<XPERIA PRO キーボードバックライト修理 | HOME | トラックバックテーマ 第1454回「近々購入しようと目論んでいるもの」>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |