システムオールグリーン

二次創作をメインにコツコツやっていくつもりです。 なのでそういうのが苦手な方はドロップタンクと外部兵装をすべて投下し、エンジン出力全開アフターバーナーをオン、にして逃げてくださいw

DSC-L1


以前Cyber-shot L1というコンパクトデジカメがSONYより発売されていたことを覚えている人は居るだろうか?
CMには韓国人俳優のペ・ヨンジュン氏を起用されていた(ハズ)。
謳い文句は「一番セクシーなサイバーショット」。

この機種は単焦点レンズを搭載したCyber-shot Uシリーズよりほぼ同等か少し大きい程度の大きさ(L1が約 幅95.0×高さ44.3×奥行25.7mm、U30が幅85×高さ40.3×奥行29.7mm)ながら光学3倍のズームレンズを搭載した機種です。
Uシリーズ+αのサイズに光学ズーム。これだけでデジタルガジェットに目がない私はどうしても欲しいという欲望を抑えきれなくなってしまったので…

ジャンク品で約500円ほどで購入してしまいました!

それがこちらです。

付属品はインフォリチウムTバッテリーのみ。
充電器もメモリースティックも三脚を使用するときのアダプタもありませんでした。
また、ボディに大きな傷がありましたがそこはこの値段なら十分想定の範囲内です。

残念なことにこの機種には明確な後継機が存在せず、Lシリーズはこの1機種で終わってしまっています。
このサイズのコンデジはほぼ完全に携帯(フィーチャーフォンやスマートフォン)のカメラに喰われてしまったのかもしれません。

ちなみにL1の発売の翌年の2005年になると例えばSH901isは3.1メガピクセルのCCDとオートフォーカスに対応したカメラを搭載しています。

しかし、フィーチャーフォンなら光学ズーム搭載機が多少ありましたが(もしかすると2004年発売のV602SHが初の光学ズーム搭載機?)、スマートフォンにおいては光学ズーム搭載機はほぼ存在しません(海外で数機種あるのみ)。 このクラスのコンデジがBluetoothか何かでスマートフォンの外部カメラとしても使えるようになればそれはそれで面白いと思うんだけどなぁ…

というところで適当に手持ちのカメラとの比較を。
と思いましたがそれはまた後ほどということで…


スポンサーサイト

未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<A10-5800Kを色々なものと比較してみるよ | HOME | C85 参加申し込みしました。>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |