システムオールグリーン

二次創作をメインにコツコツやっていくつもりです。 なのでそういうのが苦手な方はドロップタンクと外部兵装をすべて投下し、エンジン出力全開アフターバーナーをオン、にして逃げてくださいw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

マクレーンさんよりさらにいただいております。

題名の通り、「新・ソーコムランド」の管理人でいらっしゃいます、マクレーンさんよりハルキョンSSをいただいております。
深くは申しません、何も言わずに読んでみてください、読まないと損します。
前回のゲームのお話のつづきだそうです。
では続きよりどうぞ





「キョン、映画のタダ券を貰ったわ。うちの親が『キョン君と見てきなさい』だって。

一緒に見に行きましょう!」


『スリリング』


今日は土曜日。普段なら不思議探索の日なんだが、最近はデートの日となっている。

まぁ不思議探索だとしても、絶対ハルヒとペアだからデートみたいなもんだが。

それより映画ね。映画館で映画みるの久しぶりだ。何か見たいもんあるのか?

「ホラーよ! 最近コマーシャルやってたじゃない」

ホラーね・・・ はっきり言ってホラーは好みじゃない。

かと言って嫌いでもない。どっちかというと嫌いだが。

終わりかたがはっきりしないものが多い気がするんだよな。

アクションなら絶対主人公がテロリストを倒してめでたしってなるのだが、

ホラーはバッドエンドの時もあるし・・・ 何か気持ち悪い終わりかたが多いと思う。

すっきりしないんだよな・・・だから好きではない。

「どうしたの?  ・・!  あんたもしかしてホラー苦手?」

「苦手じゃないが・・好きではない」

「しょうがないわね。団長自らあんたのホラー嫌いを治してあげるわ!!

ということで行くわよ!」

だから嫌いではないって・・・ 好きではないんだよ・・


・・・
・・


さて、映画が始まって1時間ほどたったが・・予想外の展開ばっかりだ。

主人公と思ってた人が死んだり、強そうな警官もやられたり、もうドロドロだ。

ハルヒは最初目の色を変えて見ていたが、今は効果音だけで体がビクッっってなっている。

お前が見たいんじゃなかったのか? けど、今のハルヒもなかなか可愛い・・

『バァーン!!』


「ひゃ!!」

「うおっ!!」

映画の中で幽霊と遭遇する新しい主人公と思われる男性。

その時の効果音にびっくりしたらしく、ハルヒは俺の腕にしがみついてくる。

それにビックリした俺。映画よりビックリしたぞ。

「もうダメ・・・ 怖いよ・・・」

俺こそダメだ・・・ 精神ゲージが急激にダウン。映画なんかもうどうでもいい。

俺はハルヒの耳を塞いでやる。

「怖いんならそのままでいいからな。無理するなよ」

ハルヒは黙って頷き、俺の胸に顔を埋める。

しかたがないから俺1人でこのドロドロ映画をみることに。隣のおっさん、この映画怖いですね。


・・




結局ハルヒは終わりまで俺の胸に顔を埋めていた。

しかも微妙に、本当に微妙に涙が。そんなに怖かったのか。

「大丈夫か?すこし休憩するか?」

「うん・・」

ハルヒの手を握り、近くの公園に行く。

ベンチに座り、しばらく風に当たっていると、

「キョン、何か眠くなっちゃった・・」

「じゃあ少し寝てろ。俺にもたれかかってもいいからな」

「うん、ありがと」

ハルヒは俺にもたれかかり、規則正しく寝息を立て始めた。

安心したから眠たくなったんだろ。心配するな、俺はずっといてやるからな。

さっきまで俺の脳裏にはさっきの映画の怖いシーンが残っていたのに、今はハルヒの寝顔だけだ。

映画の内容もかなり忘れた。ハルヒの寝顔は効果抜群だ。


ハルヒの寝顔を見てると俺まで眠くなってきた・・・

今日のデートはお昼寝デートだな。たまにはいいだろ。おやす・・

「きゃ!!!」

「うお!!!」

本日2回目の俺の叫び。いやっ、さっきまで寝ていたやつが急に飛び起きたらビックリするだろ。

「どうしたんだ? 顔色悪いぞ・・・って・・聞いてるか?」

ハルヒの視線は俺だが、何か魂が抜けているような感じだ。顔も真っ白じゃないか。

「おい!」

俺はハルヒを抱きしめる。すると、だんだんこいつの体が暖かくなってきた。大丈夫か?

「よかった・・・よかったよぉ・・・」

何がよかったのかよく分からんが、お前が元に戻ってよかったよ。さっきまでのはハルヒじゃなかったからな。


「キョン・・ふぇえ・・」

おそらくハルヒは怖い夢でも見たんだろう。

さっき見た映画の影響だな。ハルヒは女の子なんだ。さっきの映画は強烈すぎたな。

「ハルヒ、忘れろ。映画の内容を忘れるんだ」

「でも・・ヒック・・でも・・・」


「じゃあその内容を俺に送れ。俺が削除してやる」

俺はハルヒとキスをする。

そう、ハルヒの脳裏に焼きついている怖い映像を俺の脳に移す為。

実際はそんなことできないが、気持ちが大切だ。

「どうだ?」

「・・・大丈夫みたい。キョンとキスしたら安心したわ」

「そうか、よかったよ。じゃあデートの続きだ」

「うん! ご飯食べに行きましょう!!」

スポンサーサイト
頂き物 | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<自己紹介ベータ版 | HOME | 疲れたぁ~>>

この記事のコメント

私はホラーは好きだけど苦手です。
見たい!と思って見ると後悔して、やっぱり見たくて・・・
怖いもの見たさってやつですかね(笑)
怖いシーンは確かに残りますよね。
2008-04-21 Mon 21:22 | URL | 神内 #3Ob1pUCc[ 編集]
>神内さま
はじめまして、護衛艦あしがらと言います。以後よろしくお願いします。

そうですよね、怖いものって言うのは見たいけど見た後、後悔するんですよね・・・
見たいけど見た後後悔するから見ない・・・でも気になる・・・これが私です。実はホラー系すごく苦手ですwホラーは私にとって多分核兵器による「恐怖の均衡」ぐらいに効果があるかと思います。(恐怖の均衡がどこまで効果があるかは知りませんが・・・)

2008-04-23 Wed 00:06 | URL | 護衛艦あしがら #t12S.IDc[ 編集]
ホラー苦手な仲間発見ノシ
というか、あの「びっくりさせる」手法が苦手なんですよ。
グロい描写だけならどうってことないんですがw
このSSのハルヒは多分どっちも苦手なんでしょうね。
慰めるキョンがカッコイイ。

てかマクレーン様、あなたは(以下略)。
2008-04-24 Thu 00:36 | URL | 911 #-[ 編集]
>911さま
ホラー苦手ですか、仲間がいて助かります。
ホラーと核兵器を比べましたが他には
潜水艦にとっての対潜哨戒機、戦闘機にとっての地対空ミサイルなど・・・このぐらい恐怖です。
ホラーというジャンル自体に恐怖を感じていますw
グロいのもまぁ限界がありますが・・・
(恐怖で)ビックリさせるのですか・・・私としては耐えられませんwそういうシーンが近づくとエンジン推力全開、アフターバーナーオンで一目散に逃げていきますw場合によってはベイルアウトして逃げますw

マクレーンさまはすごいですよね、マクレーン様にも911さまの感想を伝えておこうと思います。
2008-04-24 Thu 22:53 | URL | 護衛艦あしがら #t12S.IDc[ 編集]

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。