システムオールグリーン

二次創作をメインにコツコツやっていくつもりです。 なのでそういうのが苦手な方はドロップタンクと外部兵装をすべて投下し、エンジン出力全開アフターバーナーをオン、にして逃げてくださいw

なんとなく・・・

まず、
マクレーンさん、復帰おめでとう(?)ございます。
体調にはどうぞお気をつけて

さて、最近バナーを考えている私です。
さて、画力のない私が完全に自力でできるものとして逃げる場所、それは・・・写真でしょうw

さて、今まで取った画像で使えそうなの・・・
と見ていくと・・・

2008年陸上自衛隊総合火力演習
2008年航空自衛隊入間基地航空祭
修学旅行写真(北海道)
いつ撮ったのかわからない岩手の写真+長野の写真
学校の近くでとった写真

あ~・・・・これでバナー・・・・
とにかく、たくさん作って皆さんに選んでいただこうかとww


さ、次の話題、
インフルエンザが流行っているようです。
私のクラスでも2名ほどインフルエンザ患者が出ました。皆さんも気をつけてください。
そろそろ新型になりそうという話も聞きますので、
うがいの方法も口をすすいでからいわゆる「がらがらうがい」をしないといけないらしいですね~
マクレーンさんのソーコムラジオ専用掲示板のほうにUPしたものですがインフルエンザに関係するリンク先をまとめてみました。
続きよりりどうぞ(※最後のほうは楽天の回し者みたいになってますが回し者じゃないのでw)


Wikipedia インフルエンザ・・・http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AB%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B6

インフルエンザ情報サービス・・・http://influenza.elan.ne.jp/

国立感染症研究所 感染症情報センター〈インフルエンザ〉・・・http://idsc.nih.go.jp/disease/influenza/

インフルエンザ-気になる病気 e治験ドットコム・・・http://www.e-chiken.com/shikkan/infuruenza.htm

東京都感染症情報センター インフルエンザ / Influenza

日本医師会:インフルエンザ総合対策

厚生労働省 感染症情報 平成20年度今冬のインフルエンザ総合対策について

ニュートンドクター インフルエンザ

東京都NBC災害対処マニュアルの策定について・・・(同サイトから概要(pdfファイル)もダウンロードできます。)(インフルエンザ以外にも応用できるでしょう。というかできなきゃ困るんですけどね・・・)

対策用品は
N95マスク・・・(医療用のマスクですね)

エアーエイド・エマージェンシー・マスク(火災・SARS・天然痘・伝染病対策用)・・・(上記のN95に勝る性能を謳っています)

バリアー・プロテクト・ゴーグル・・(目の粘膜からの感染を防ぎます)

バイオハザード・プロテクションキット・・・(使い捨てのオールインワンキットとでも言うべきもののようです。)(使い捨てということはいざと言うときしか使えないことになるか・・・)

ちなみにこれらはネタに近いですが
核兵器・生物ガス・化学兵器対応(NBC)シビリアンフードマスクシビリアンガスマスク CM-01・・・詳細はhttp://www.rakuten.co.jp/armor/692680/で見ることができますw

ProMask2000・フルフェイス マスク・・・(カートリッジ式で交換用カートリッジも売ってますw)(マスタードガス、シアン、アルシン、、ホスゲン、放射性、毒性の粒子、微生物、バクテリア、ウイルス、蟻酸、二酸化硫黄、フッ化水素、塩化水素、EN141、塩素シアン化水素、硫化水素、産業ガス(A2B2E2タイプ)、 炭そ病、サリン、天然痘、マスタードガスに対応しているようです)


M-95・ミリタリーマスク ・・・(『致死性神経ガス、タブン、サリン、ソマン、マスタードガス、 放射性の核物質,毒性原子粒子・ガス、ウィルス、 細菌を含めてすべての化学兵器物質や生物化学兵器から人体を保護します。
さらに数多くの有害化学物質、多くの産業有機ガスや気化ガス、ダイオキシンや硫化水素のような産業廃棄ガス、蟻酸のような有機酸と無機酸、等から人体を保護します。』となっています。)

ちなみに・・・
自衛隊の装備品の00式個人防護装備の中の00式防護マスクだけでもほしいですねww
一般人でもかなり有用でしょう(うちにあるとしたら・・・我が家のオヤジが防塵マスク&ゴーグル代わりに一番使うでしょうなw)



スポンサーサイト
未分類 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<タイトルなし | HOME | 最近のパソコン>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |